テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ここでは、どういう練習をすれば、ボレーが上達するかを解説していきます。

<基本ボレー>

基本ボレーとは、ドライブボレーやパンチボレーなどのラケットを動かしてボールを打つショットではなく、ラケットをあまり動かさずに打つボレーのことです。まずは、そのボレーの打ち方と練習方法を説明します。ちなみに、基本的な握り方などは、「ボレーのコツ」を参考にしてください。

まずは、イメージ作りから。基本ボレーのイメージは、「壁を作る」です。ストロークやサーブなどのほとんどのショットは、スイングの中でボールをとらえます。しかし、ボレーは違います。ボールがとんでくる軌道を考え、そのボールが来る場所にラケットをセットしておき、あとは、ボールが勝手にラケットに当たってきてくれるというイメージです。わかりますか?

ボレーのラケット面

へたくそな絵ですいません・・・。ボールが勝手にラケットの真ん中に飛んできてくれる状況を作るわけです。そのためには、飛んできたボールの軌道を瞬時に想像し、そこにラケットを置くという作業さえしっかりできれば、絶対にミスなくボレーができるはずです。

<上達練習法>

基本ボレーは「いかにラケットをすばやくボールの後ろにセットできるか」ということがポイントになります。そこで、次のような練習法があります。

(1)穴あきラケット練習法

古いラケット(別に新しくてもできます・・・)のガットを中心だけ穴をあけるように切ります。上手に開けないと、ラケットのフレームが変形してしまう恐れもありますので、古い使わなくなったラケットのほうが良いと思います。誰かに球出しをしてもらい、その穴を通すように打ちます。どのようにセットすれば、ボールがその穴を通りやすいかしっかり考えて練習しましょう。ラケットをスイングしたり、後ろに引いてうとうとすると、なかなか穴を通さずに周りのガットに当たってしまいます。ラケットを顔の前にセットして、ボールが当たるまで動かさないイメージでやりましょう。慣れてきたら、いろいろな高さにボールを出してもらい、その高さに合わせてラケットをセットすることを体で覚えましょう。次にお勧めなのが、ボレーボレーです。皆さんは、どういった練習が一番球数を打てると思いますか?それは、ボレーボレーです。ボレーボレーは、いつもやるよという人もいるかと思いますが、ボレーボレーひとつとってもさまざまな方法があります。そのなかで、お勧めの方法を紹介します。

(2)ネットを挟んでのロングボレーボレー

これは、お互いがサービスライン上に立ちます。あとはボレーボレーで何回もつなげます。簡単と思うかも知れませんが、意外に長い距離ボレーを打つのは難しいものです。しっかりと打つ方向にラケット面をセットして当たる瞬間に踏み込みとグリップをしっかり握ることを心がけましょう。この練習の利点は、距離が長いので来るまでにボールの軌道を予測しやすいのと、ローボレーをたくさん打たなくてはいけないということでしょう。

(3)役割分担

これは、攻める側と守る側を決めておき、攻めるほうは速い球を打ちます。守る法はそれを、ラケットの面を意識して、しっかりとブロックで返すという練習です。この練習の目的は、守る側に時間的余裕がないため、素早くラケットをセットするようになるということです。攻める側は、ただ速い球ではなくて、少し打つコースを工夫しながら相手の打ちにくい所を狙いましょう。

 
 
Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved