テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

いままで、いろいろなボレーについて解説してきました。さあ、最後の仕上げです。

ここでは、実際に練習でボレーが打てるようになってきたときにそれをどうやって試合に取り入れるかを説明します。

せっかく打てるようになってもそれを試合で使わなければ、全然意味がありません。

(1)実際のラリーに取り入れる

まずは、ラリーの中でボレーに出てみましょう。ラリーの中で、比較的浅いボールが返ってきたら、それを、打ってネットについてみましょう。

アプローチショットといいます。思い切ってエースをねらいに行くのではなく、少し深い球を打つつもりで(なぜなら、より深いほうが相手は打ちにくいし、角度もつけにくいし、滞空時間が長くなるから、自分は、前に出やすくなる。という3つの利点があります)ボールを打ちましょう。

いきなりネットまでべた詰めしないようにしましょう。具体的には、相手がボールを打つ瞬間にスプリットステップ。

たぶん、そのころにはサービスライン上くらいに自分は来ていると思います。その位置で、相手にさらにボレーを返します。

この練習は、ボレーの上手な練習法のロングボレーボレーを思い出しましょう。

相手のボールが浮くまでは、サービスラインの1歩前くらいでつなぐ練習をするといいと思います。

チャンスボールが来たら、そこからつめて決めに行ってください。

(2)サービスダッシュ

自分がサーブを打つときに、前にスイングをすると思いますが、その勢いを利用して、前に出ます。

そこからは、(1)と同様に、サービスラインの1歩前で粘ってみましょう。サーブは、フラットサーブだと自分が前に行く時間がなくなるので、スピンサーブ(ツイストサーブ)でサービスライン深くにそして、相手のバック側を狙っていくとよいでしょう。(深く狙う理由は(1)と同様。バック側を狙う理由は、相手の返球が甘くなりやすいのと、フォアだとサーブが遅いのでたたかれやすいことがあります)

スピンサーブ(ツイストサーブ)の打ち方は、このサイトに詳しく載せてありますのでそれを参考にしてください。

このように実践的な練習にどんどんボレーを取り入れることで、自信が生まれます。

あとは、実際に試合で使えるようになれば完璧ですね。

シングルス・ダブルスのどちらにもボレーは非常に有効なショットです。

ミスを恐れないことが1番大切なことだと私は思います。あなたのテニスが180度変わるかもしれませんよ。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved