テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

テニスをしている特に若い年代の方(中高生など)は、ボレーがあまり上手な人はいません。

ストロークでガンガン狙った所に打てる人でもなぜかチャンスボールを打ち込んで前に出たら、自信なさそうにボレーしたり、中には、また後ろに下がってしまう人も多く見かけます。

ではなぜ、ボレーはなかなか上達しないのでしょう?

答えは簡単です。それは、練習量が足りないのです。

想像してみてください。まず、テニスをやろうということになったら、どんな練習を頭に思い浮かべますか?

たぶん、球出しか、ストロークラリーではないでしょうか?

つまり、日頃から意識してボレーの練習に取り組んでいる人がとても少ないのです。

特に部活などで活動する中高生は、ボレーの練習をするくらいなら、ストローク力を身につけることが最重要ということで、ストロークの練習ばかりやります。

そして、練習をしないからボレーを打つときにビビって打つようになり(または、全然打ち方がわからずに変な打ち方で打って失敗する)それが、さらにボレー嫌いをうみ・・・。という悪循環の流れを作り出しているのです!

逆に言うと、毎日の練習の中で、ボレーというショットを常に頭に入れて練習に取り入れ、自信を持ってプレーできれば、ボレーが好きになり、それが練習に生かされさらに上達し・・・。という良い流れに変えることができるよいうわけです。

ボレーの下手な人の多くが、ボレーというものの本質を分かっていない人たちです。ボレーは、ノーバウンドで返球するわけですが、ストロークの打ち方とは根本的に180度違います。それを理解せずに、ストロークのスイングを打点で止めればいいんでしょ?くらいの気持ちでやっているから、いつまでたっても上達しないのです。

まずは、意識を変えてください。そして、理解してください。そして、ボレーを打つ練習をたくさんしてください。そして、それを試合に取り入れてください。きっと、あなたのテニスの幅が何倍にも増えることだと思います。

私は小学生の高学年のときからテニスをはじめましたが、はっきりいって下手でした。

高校生になっても、あまり上手ではなく、試合に出てもすぐに負けてしまうことが多かったと思います。大学に入り、アルバイトコーチをやるようになって一気に試合の勝率が上がりました。

なんでだろうと考えたとき、レッスンでのボレーつなぎがとても私のテニスの幅を広げていることに気付きました。

つまり、相手の打ちやすい所にコントロールしてボレーで返球するということを毎日繰り返すことで、コースを狙う技術と自信が私に芽生えたということです。

積極的にサービスダッシュをして、着実にポイントを重ねることを覚えました。みなさんにも、それは可能なはずです。がんばりましょう!

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved