テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 
メニュー
フォアのコツ バックのコツ ボレーのコツ スマッシュのコツ サーブのコツ
フォア
(詳しく)
バック
(詳しく)
ボレー
(詳しく)
スマッシュ
(詳しく)
サーブ
(詳しく)

〔フォアハンドストロークについて〕

フォア(ハンドストローク)は、テニスを始めて必ず最初に覚えるショットになります。利き腕で打ちますので、もっとも打つ機会が多くなり、必然的に一番自信を持てるショットになると思います。しかし、利き腕の自由が利きすぎて調子が崩れやすいショットでもあります。特に、試合など緊張感のあるときに起こりやすく 「練習では入ってるのに・・・。」 と泣きを見ることも多々あることでしょう。原因は、 ラケットを思い切り振り切れない 事にあります。腕力に頼らず、 体全体でラケットのスイングスピードを上げていきましょう。

〔バックハンドストロークについて〕

バック(ハンドストローク)は、利き腕と逆側で打つショットで、最初のころはなかなか打てず苦手意識を持つ人も少なくありません。しかし、フォアと違い腕の自由が利きにくいため、一度覚えてしまえば、調子を崩しにくいショットでもあります。まずは、 苦手意識をなくしていっぱいボールを打つ ことが大切です。もともと、バックの苦手な人はフォアばかり打っているので フォームが安定していない のです。 フォームを固め、打点を安定させれば 難しい動きはないので、きっと打てるようになるでしょう。

〔ボレーについて〕

テニス初・中級者には、ボレーを苦手としている人がかなりいます。原因は、ボレーではなくノーバウンドでストロークを打っているからです。基本的に、ボレーはストロークとは全く異なった体の動きをします。ストロークが、ラケットをできるだけスイングするのに対して、 ボレーは体の前にラケットの壁を作り、当ててあげる。つまり、ラケットは基本的にはスイングをほとんどしない 、ということになります。大切なことは、ボールが飛んでくるところにラケットをセットし、ボールをキャッチするということです。ラケットをぶんぶん振ってボールをブッ叩くということではないのです。

〔スマッシュについて〕

スマッシュは 真上に上がった高い球を上からラケットを振り下ろしブッ叩き、決めていく 気分爽快な(決めれば)ショットです。相手に与える精神的ダメージも大きく(個人的感想)ギャラリーにも「あの人うめぇー!!」と言われること間違いないでしょう(^0^)しかし、ほとんどの人が、どチャンスボールをミスり、穴があったら入りたい気分を味わったことでしょう。(パートナーからの「ドンマイ(^^;)」が胸に突き刺さる…)ミスする一番の理由は、 ボールが高く上がっている間に時間があり、いろいろと考えてしまう 、ということにあります。 ミスをしたらどうしようとか考えずにボールがあがった瞬間にラケットを担ぎ、足をいつもの3倍(シャア)動かし、コンパクトにスイングする ことを心がけましょう。

〔サーブについて〕

サーブは、一見スマッシュにとても似ているショットが、実はぜんぜん違うショットです。スマッシュが、上から下に振り下ろすショットだったのに対し、サーブは、 下から上に振り上げるショット です。特に我々日本人は胴長短足で小柄な人が多く、上から打ち下ろしたらまず入りません。下から振り上げ、回転をかけて入れていく必要があります。また、サーブは 唯一止まって自分のタイミングで打てるショット です。サーブを磨けば、試合の勝率がぐんぐん上がるはずです。実際自分のサービスゲームを落とさなければ絶対に負けることはないのですから・・・。しかし、サーブを苦手としている人はかなり多く、 サービスゲームが相手にサービスするゲーム になってしまいます。><;一番大切なことは、 トスを安定させる ことです。 ボールをあげるときに、手首で上げずに腕全体を使って上げて いきましょう。後は、 ビビって振りぬきが悪くなると回転がかからず、ますます入らなくなりますので、思い切って振りぬく ことが重要になります。緊張しているときほど力の加減はできないものですが、思い切り振ることはできるものです。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved