テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

エッグボールとは?

エッグボールということば、最近良く耳にしませんか?

某テニス雑誌で取り上げられて以来、この言葉がだいぶ浸透してきました。

では、エッグボールとはどういうボールなのでしょうか?

エッグボールのエッグとは、文字通り卵を意味しています。

ボールが飛んでいったときの球の軌道が卵の形に似ていることから、こう呼ばれるようになりました。下の図のような軌道を描きます。

エッグボールの軌道

ちょうど、卵を縦半分に切ったような形になってますよね。これは大げさな軌跡ですが、実際もこの方向にボールが飛んでいったらアウトだろう、と思っていると急激に落下してベースラインぎりぎりに入り、バウンド後伸びていきます。

エッグボールとトップスピンの違い

エッグボールの話をすると、トップスピンと何が違うの?という疑問をもたれる方がたくさんいます。

実際、ボールの軌道だけを見ると、どこが違うのかわからない方もいるかもしれません。

トップスピンは、ラケットを下から上に振り上げることで、順回転を強くかけることで生まれます。そのため、ボールは大きく山なりになります。エッグボールよりも山の頂点が自分よりになります。

それに対して、エッグボールは直線的な軌道から、急激に落下します。弾道としては、最初はフラットに近い球すじでくるので、相手は「これはアウトするだろう」と思ってしまうのです。

また、当然トップスピンよりもフラット気味に当たっているのでボールのスピードが違います。エッグボールのほうが速いのです。

スピンが”シュイーン”という感じでしたら、エッグは”ギュイーン”って感じです??

エッグボールの打ち方

エッグボールの打ち方について説明いたします。

まず、ラケットの軌道ですが、フラットに当てますのでほぼ水平方向に振りぬくことになります。当たる瞬間に、腕と手首を上手に内転させてスピン回転をかけます。それだけです。

と、このように書くと簡単にできそうな気がしてしまうから人間って不思議ですよね。

実際は、ココで言うほど簡単なものではありません。

最初は、球出しの練習で感覚をつかんでください。スピンをかけなければと下から上へのスイングをしてしまいがちですが、あくまでまっすぐなあたりを心がけるようにしましょう。

慣れてきたら、ストロークラリーなどに取り入れていきましょう。

頑張ってくださいね。

 

テニスくん
Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved