テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 
自信を持ちましょう

〔ラケットは顔の前から引く〕

スマッシュ2 スマッシュは、ラケットの使い方がサーブと似ています。そのため、サーブと同じように余裕を持ってラケットを後ろから引く人をよく見かけます。しかし、サーブとは違い速いテンポの中でスマッシュは打たなくてはなりません。後ろからラケットを引いていると間に合わなくなりますので、顔の前を通して素早くラケットを担ぎましょう。あと、ボールが出た瞬間に右足を引いて体を横向きにしてあげると素早く準備できます。


〔指差し確認〕

?????1

スマッシュを失敗する大きな要素として、「打点の乱れ」があります。決めなきゃという気持ちが強くなると、足が止まって上手く打点に入れなくなります。素早くボールの真下に入りましょう。真下に入るコツとして、左手でボールを指差すというものがあります。そうすることで、ボールとの距離感もつかみやすくなります。また、打点はネットに近くなればなるほど前になり、ネットから離れれば離れるほど後ろになることも覚えておきましょう。



〔自信を持ちましょう〕

?????3

スマッシュを失敗する人の多くはスマッシュに自信を持っていません。そのため、ミスを怖がり無意識の内に思い切りスイングできなくなっています。スマッシュもほかのショットと同様にビビッて打つと余計に入らなくなります。思い切りよくミスを怖がらずに最後まで振りぬいてください。また、逆に決めよう決めようという気持ちが強すぎると力みにつながりますので、力を抜いて最後まで振りぬくことを心がけましょう。

〔深い球は右足ジャンプして〕

?????4

これは少し上級のはなし。深い球をスマッシュするときは、下がってジャンピングスマッシュになります。上手くタイミングをあわせないと打てません。しっかり横向きを作って下がり、最後の最後で右足を蹴って後ろにジャンプしてみましょう。案外タイミングがあうと思いますよ。あとは、バランスを崩さないようにしましょう。上半身の力に頼りすぎると、バランスを崩しやすいと思います。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved