テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

〔あなたはどっち?〕

バックハンド画像1 バックハンドストロークは、両手打ち(ダブルハンド)片手打ち(シングルハンド)の2種類あります。それぞれ打ち方、打点が大きく異なっていますので自分にあったうち方を選びましょう。初心者などは、両手打ちのほうが取り掛かりやすいかも知れません。


〔片手打ち〕

バックハンド画像2

片手打ちバックのメリットは、「スライスが打ちやすい。」「リーチが長くなる。」「かっこいい!!上手く見える」「軟式テニス出身の人には移行しやすい。」ぐらいでしょうか?

私も片手打ちですが、最近は「両手のほうがいいかな?」などと気持ちがぐらついています。デメリットは、「両手よりも力の入れ方が難しい。」「リーチが長いが、打点がかなり前になるので、振り遅れると打てない。」などです。

意識することは、体を回しすぎないということです。体を回転させすぎると、打点がばらつきやすくなりますので、大きく体をひねって、打つときはそのひねりを戻しすぎないことが必要です。



〔両手打ち〕

両手打ちバックのメリットは、「両手なので力が入りやすい。」「食い込まれても打点を少し後ろにして打てる。」「フォアハンドと基本が同じフォームで打てる。」ということです。

特に、女性は片手だと力が入りにくく、両手にする人がほとんどです。

デメリットは、「打点が体に近くなるので、足をしっかり動かして打点まではいらないと打てない。」「スライスが打ちにくい。」ということでしょうか。

意識することは、左手でフォアハンドを打つ感覚です。左足を軸にして、ボールとの距離をしっかりととり、体のひねり戻しをうまく使って打ちましょう

〔肩越しに球を見よ〕

バックハンド画像4

片手打ち、両手打ちともに利き腕と反対側でボールを打つということは少し怖いものです。

思い切って肩越しにボールを見ることで、体を大きくひねることができます

この状態のまま足を動かし打点に入ることで、力をためることができます。

片手打ちならそこから右手を大きく前に振り出すと同時に左手を後ろに「えいやっ!!」と開く感じです。

両手打ちならそこから体のひねり戻しをうまく使って前にラケットを振り出していきます。

〔やっぱり軸が大切〕

バックハンド画像5

どちらの打ち方も、体の軸を安定させることはものすごく大切です。両手打ちならば頭〜左足まで、片手ならば頭〜両足の真ん中?(私の感覚)までを一つの軸としてこの軸を崩さないように打ちます

猫背になったり、あまりにもえらそうに(背中をそりすぎて)打ったりすると軸は崩れてしまいますよ。

ややひざを曲げてイスに座ったような姿勢を作れるといいかもしれません。


Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved