テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ラケットは引かない

ボレーで陥りやすいミスは、ストロークと同じ感覚でラケットを引いてしまうということにあります。ボレーのときのラケットをセットする位置は顔よりも前(相手方向。顔の横という意味ではない)にすること。極端なことをいえば、ボールが飛んでくるのをラケットのガット越しに見るようなイメ−ジで。ラケットを引きすぎると、速いボールに対してラケットのセットが間に合わなくなります。そして、ラケットを引くということは、ラケットを振ってボールを打つことになります。そうすると、コントロールをしにくくなりますのでラケットは前と覚えておきましょう。


グリップはコンチで

グリップ

ボレーの握りはコンチネンタルグリップといって包丁を持つような握り方になります。ラケットを地面に垂直に置いて、真上からそっと手を降ろして握ります。親指と人差し指の付け根が、図の1番のところにあるようにしましょう。そして人差し指を少し伸ばし気味にしてあげることでラケット面を感じ取ることができます。フォアもバックも同じ握り方で打ちます。ボレーは、ストロークよりもネットよりにいますので展開がとても速くなります。そのため、グリップチェンジをしていては間に合わないのです。コンチネンタルグリップで持ち、どちらにも対応できるようにしましょう。



体の前に壁を作ろう

ボレー画像2

ボレーを上達させるための意識は、相手に壁打ちをさせてる気分を味わせるということにあります。壁が相手なら絶対に勝てるわけないですよね。体の前に素早くセットして、そこにラケットの壁を作ってあげます。あとは、ボールの勢いに負けないように当たる瞬間にグリップをぎゅっと握ってあげればOKです。壁は自分よりも前方に作ってくださいね。後ろだと力が入れにくいので・・・。

ボールの高さにセット

ボレー画像3

ラケットセットの位置は、ボールと同じ高さ(実際にはボールの高さのホンの少し上ですが…。)になります。毎回同じ高さにラケットをセットする人を見かけますが、高い球だと下から上に振り上げる打ち方に、低い球だと上から下に振り下ろす打ち方になってしまいます。そうすると、結局相手の力を回転に変えてしまうことになり、コントロール性が落ちたり、切れの悪いボレーしか打てないことになります。高い球ならその高い位置のほんの少し上にラケットをセットし、逆に低い球ならひざを落としてラケット全体を低い位置にセットし、ボールをキャッチしてあげます。

決めるときは踏み込みで

ボレー画像4

特にチャンスボールがあがったときには、どうしても緊張して腕に力が入るものです。ボレーは、腕を振ってボールのスピードを上げようとするとミスが増えてしまいます。浮いたチャンスボールには自分がしっかりと前に詰めていく力と、ボールがラケットに当たる瞬間の握力と踏み込みの力で威力をつけます。握力をいれるタイミングと、踏み込みのタイミングは同時がいいでしょう。ラケットは決して後ろにひいてはいけません。ラケットは前から前が基本です。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved