テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

テニスにおけるボレーとはいったいどんなショットのことを指すのでしょうか?

 

辞書でボレーという言葉を調べると、「テニスで、相手の打球が自陣の地面に落ちないうちに打ち返すこと。」とあります。

つまり、言い換えると、ノーバウンドで返球したショットはすべて「ボレー」と呼んでよいということになります。

ボレーの呼び方は、ボールの高さと打ち方によって変わってきます。

ボールの高低によって変わる名称は、ボールの高い・普通・低いそれぞれの位置で打つときに、ハイボレー・ミドルボレー・ローボレーと呼びます。

 

それに対して、打ち方に名称も付いています。たとえば、ストロークのようにラケットをスイングしてボールに順回転を与えるボレーのことを「ドライブボレー」と呼びます。

最後に前に詰めていって決めていくような状況の時に上から押さえつけて打つうち方を「パンチボレー」と呼ぶこともあります。

また、ダブルスで前衛が斜めに出て行って決めに行くボレーのことを「ポーチボレー」と呼びます。

 

このようにいろいろな状況・打ち方によっていろいろなボレーが存在します。

 

ここでは、おもに普通のミドルボレーを上達できるような練習方法や考え方を載せていきたいと思っています。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved