ARCHIVES
TAGS
  • テニスうまくなりたい!PC版
  • にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ応援クリックお願いします。
    ストローク練習メニュー その1

    あなたの1日1ポチが私をやる気にさせてくれます

    にほんブログ村 テニスブログへどうが応援クリックおねがいします



    ストローク練習メニュー その1 コースを狙え!


    image002.jpg



    球出しは手で出します。
    1人10球で交代します。1はショートクロス,2はクロスに深いフラット系,3はクロスにロブをそれぞれ打ちます。
    最初は1,2,3の順に,慣れてきたら球出しがランダムに1~3を言い,その場所を狙わせます。
    とにかく連続してボールを打つことが大切ですね。
    体で覚えるということです。
    人数が少なければ、10球にこだわる必要もありませんので、たくさん打ってくださいね。

    banner2.gifどうか応援クリックおねがいします

    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    ストロークギザ上達! 

    あなたの1日1ポチが私をやる気にさせてくれます

    にほんブログ村 テニスブログへどうが応援クリックおねがいします



    今日は、ストローク全般のお話を・・・。


    ストロークを上達させるには、反復練習がかぎになります。


    ということで、振り回し練習をしましょう~!


    振り回し練習とは、球出しを前後左右に出してもらって、その球を打ち返すという単純かつハードな練習法です。


    もちろん皆さんご存知の練習法だと思います。
    振り回しにも、色々と方法がありまして・・・。


    例えば、出してもらうコースを固定してもらう(フォアの短い球、元の位置にもどってバックの短い球、戻ってフォアの深い球、戻ってバックの深い球の繰り返しとか)


    あるいは、こちらの狙うコースを固定する(相手のバック側深くだけを狙うとか、すべてクロスに返すとか・・・)


    コツとしては、流れ作業にならない
    ということですね。


    疲れてくると、だんだん集中力もなくなり、打ち方も雑になったり、フットワークも使わなくなってくるものです。


    そこを、どのようにして克服していくかというのも、この練習の大きなポイントになりますので、雑にならないこと足を動かし続けることの2点をしっかりと意識して望みましょう。


    皆さんがんばってくださいね。


    banner2.gifどうか応援クリックおねがいします
    固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    YAHOO! カテゴリに掲載されました~

    あなたの1日1ポチが私をやる気にさせてくれます

    にほんブログ村 テニスブログへどうが応援クリックおねがいします


    私事で大変恐縮ですが・・・。


    私、ブログ以外にもPCサイトを持っていまして・・・。

    テニスうまくなりたい!


    そのサイトが、昨日YAHOO!カテゴリに登録されました!
    トップ > 趣味とスポーツ > スポーツ > テニス > コーチング、指導
    何度も申請してきてようやく登録されました。うれしいです。
    すいません私事で・・・。


    banner2.gifどうか応援クリックおねがいします
    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    バックハンドのコツ その6

    あなたの1日1ポチが私をやる気にさせてくれます

    にほんブログ村 テニスブログへどうが応援クリックおねがいします


    バックハンドのコツ その6 ダブルハンド(両手打ち)のバックについて

    久しぶりの更新です。


    今日は両手打ちについて説明していきます。


    私は、片手打ちなので、そこまで詳しくはありませんが、テニス人口の比率を考えると、ダブルハンドのほうが多いと思いますので、少し解説をしていきたいと思います。


    両手打ちバックのメリットは、「両手なので力が入りやすい。」「食い込まれても打点を少し後ろにして打てる。」「フォアハンドと基本が同じフォームで打てる。」ということです。


    特に、女性は片手だと力が入りにくく、両手にする人がほとんどです。


    デメリットは、「打点が体に近くなるので、足をしっかり動かして打点まではいらないと打てない。」「スライスが打ちにくい。」ということでしょうか。


    まあ、スライスを打つときは片手を離して打てばいいだけの話ですので、デメリットにならないかもしれませんね。


    打ち方についてですが、ダブルハンドは右手主導型と左手主導型があります。


    つまり、どちらの手の方が意識が高いかということです。


    両手打ちから始めた人は左手主導型が多いようです。左手のフォアハンドに右手を添えてるという意識ですね。左足を軸にして、ボールとの距離をしっかりととり、体のひねり戻しをうまく使って打ちましょう。


    片手からの移行でしたら右手主導型が良いかと。
    あくまで右手のバックハンドに左手を添えてるという意識ですね。



    banner2.gifどうか応援クリックおねがいします
    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    バックハンドストロークの練習法

    あなたの1日1ポチが私をやる気にさせてくれます

    にほんブログ村 テニスブログへどうが応援クリックおねがいします



    バックハンドについて その5



    今日は、バックハンドを上達させるための練習方法を紹介したいと思います。


    大まかに、ストロークを強化したいという方は、テニスうまくなりたい!-練習メニュー-をご覧ください。一通りの練習方法が掲載されております。


    そこで紹介していない方法としては、例えば「バック縛りでストロークラリー」や「バック縛りでボレー対ストローク」があります。


    これは、よんで字のごとくストローカーはバックハンドしか打ってはいけません。

    フォア側にきたら、回り込んでバックで打つのです。バックを苦手としている人の多くは、球数を打っていないのが原因です。

    無理やりでも、バックを打つ回数を増やし、さらにわざと難しく動いて打つわけですから、うまくならないわけがありません。


    ぜひ、お試しあれ~。


    banner2.gifどうか応援クリックおねがいします
    固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する