ARCHIVES
TAGS
  • テニスうまくなりたい!PC版
  • にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ応援クリックお願いします。
    肘を支点とした円運動
    支点・力点・作用点・・・っていうCMありましたね~

    今回は、円運動のお話。

    スクールなどで、「テイクバックは素早く完了させて(つまり素早くひいた状態をつくり、それを維持してから)ボールとの距離を合わせて、しっかりと振りましょう。」と教わった人は多いと思います。

    確かにこれは、一理あります。この打ち方の利点は準備を早めることにより、振り遅れをなくすことにあります。


    ただしこれは、準備を早くするということに限ってのことで、もしあなたがフォアハンドストロークの威力を増そうと考えているのならば、マイナスになります。

    なぜ、この打ち方では威力を増すことができないのでしょうか?それは、運動がテイクバックの段階で一度ストップしてしまうからです。


    ラケットを引いた状態で一度運動はストップし、そこからおもに腕の力でスイングしていくこの打ち方よりも、ラケットを引き始めた段階からスイングが加速し続ける円運動(サーキュラースイング)のほうがスイングスピードは上げやすいのです。


    ここで、ひとつ実験です。前回行った実験と同じように肩におもりつきのひもをくっつけてください。十分に体をひねった状態を作り、一度紐をとめた状態から思い切り体を開いていきましょう。紐は、加速しながら前へと動いていくことでしょう。


    次に、ひねった状態でとめないで、ググっと思い切りひねり、紐が後ろに振れきったところで思い切り体を開いてみましょう。紐は加速しながら前へ動いていくことでしょう。


    どちらのひもの速度が速いですか?


    圧倒的に後者のほうがスピードが出るはずです。これは電電太鼓でも同じようなことがいえます。ぜひ、試してください。

    その2につづく・・・
    テニスうまくなりたい!」PC版もよろしくお願いいたします。動画つきで、わかりやすくなっていますよ~
    にほんブログ村 テニスブログへポチっとおねがいします
    banner2.gifポチっとおねがいします

    テクノラティお気に入りに追加する
    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    実験
    ツイストサーブ動画ちゃん
    ツイストサーブ&ボレーです。
    暇だったので載せてみました~。
    テニスうまくなりたい!」PC版もよろしくお願いいたします。動画つきで、わかりやすくなっていますよ~
    にほんブログ村 テニスブログへポチっとおねがいします
    banner2.gifポチっとおねがいします

    テクノラティプロフィール



    このサイトのあなたのレビュー!

    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    フォアハンドは右足を踏み込め! その2
    foa1.JPG
    foa (3).JPG
    foa (6).JPG

    さっきの続きですが、右足を踏み込むというのはこんな感じです。
    右足が前に行き、しっかりと体をひねっているのがわかると思います。


    もう少し右足を出しても良いかもしれません。

    ここから、ひねり戻しの力を利用してスイングすることによって、力強いショットを打つことができるのです。


    テニスうまくなりたい!」PC版もよろしくお願いいたします。動画つきで、わかりやすくなっていますよ~
    にほんブログ村 テニスブログへポチっとおねがいします
    banner2.gifポチっとおねがいします

    テクノラティプロフィール



    このサイトのあなたのレビュー!

    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    フォアハンドは右足を踏み込め!

    右利きの方は、右足を踏み込んで打ちましょう!


    え?左足でしょ
    これは、普通の反応だと思います。
    今までテニスをやってきた方は、当然そのような反応をするでしょう。
    左足を踏み込んで、左足に体重を乗せながら腕全体で大きく押し出す
    こんなうち方を習って、それを実践してきた事でしょう。


    果たしてそれは正しいのでしょうか?
    フォアハンドのスピードを上げるのに最も必要なことは何でしょう?
    スイングスピードを上げることですよね。


    左足に体重を乗せることで、スイングスピードは上がりますか?
    上がらないと思います。


    ココでよい実験があります。
    肩におもりをつけた紐をくっつけてください
    そして、その状態で左足を踏み込んで体重を乗せてください。
    紐は動きましたか?
    踏み込んで体重を乗せただけでは、ほとんど動かなかったと思います。


    では、紐を動かすにはどうするのが一番良いですか?
    当然肩をひねって戻すことですよね。
    このひねって戻す力が強ければ強いほど、スイングは速くなります。


    次の実験です。
    今度は肩をひねって戻すのですが、左足を踏み込んだ状態でひねり戻しを使うのと右足を踏み込んだ状態でひねり戻しを使うのでは、どちらが体がひねれている感覚になりますか?


    右足を踏み込んだほうがひねれますよね。
    あ、右足を踏み込む場所は、右斜め前で良いですよ。


    実は、ココまで話していたことは、オープンスタンスの打ち方なんですよね~


    これは、雑巾を絞るときのことを考えてほしいのですが、右手で雑巾を絞るときに左手を固定して絞るのと、左手を反対側に絞利ながら絞るのでは、どちらがきつく絞れますか?ということと同じだと思います。


    上半身を右後ろにひねるのですから、下半身は右前にひねれば一番力がたまるのです。
    これは、物理的に考えて正しいことだと思います。


    テニス雑誌には「スクエアスタンスが正しくて、追い込まれたときにオープンスタンスを使え。」などと書いてあることがまだあります。
    でも、それは絶対に正しいということではないと思います。
    運動力学を良く考えていけば、オープンスタンスのほうが理にかなっていると思うのは私だけでしょうか・・・?


    ご意見お待ちしております。
    このブログは、あえて誤解を恐れず、独自のテニス理論を述べていくという趣旨で作られておりますので、そのあたりよろしくご理解をお願いいたします。


    テニスうまくなりたい!」PC版もよろしくお願いいたします。動画つきで、わかりやすくなっていますよ~
    にほんブログ村 テニスブログへポチっとおねがいします
    banner2.gifポチっとおねがいします
    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
    さるぶたのテニス持論開始!

    気まぐれで開始しました。テニス持論
    今日からスタートです。


    あくまで、今まで私がテニスにかかわってきた中で、「ココはこういう風にしたほうが良い」とか「ストロークは、こうやったほうがスピードが上がるのでは?」とか勝手に思っていることを書き連ねていこうというコーナーです。

    プロを目指してガンバっていこうという人にはあまり参考にならないかもしれません。

    コンセプトは「楽して上達!」です。
    少しでも、上達のヒントになればいいなと考えています。
    頑張りますので、よろしくお願いします。


    テニスうまくなりたい!HPもよろしくお願いします。
    固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する