テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

誰でも試合に勝ちたいものです。ここでは、試合で勝率を上げるための裏技?を紹介していきます。正攻法から、ちょっとそれは・・・。ということまで載せていきますので、参考にできるものだけしてみてください。

裏技その1

試合前のアップは、はしゃがない。

コートに入るときから、試合はもう始まっています。

試合前のアップのときはしゃいだりオロオロしていると相手に「こいつは勝てる」と自信を与えてしまいます。

どきどきしていても、落ち着いている振りをしてください。

少し偉そうに胸をはるといいかもしれません。

堂々としていると「この人上手い人なのかも…。」と思ってくれるかもしれません。

その時点で相手にプレッシャーを与えたことになります。

また、そういう風に振舞っていると自然と本当に落ち着いてきたりします。

どうしても、落ち着けない人は、手に人という字を3回書いて飲みましょう(^0^)効きますよ〜

 

裏技その2

トスは自分で必ず回しましょう。

サーブやコートを決めるトス(ラケットを回すやつ)は、自分が必ず回しましょう。

気のせいかもしれませんが、トスを回すほうが気持ち的に上に立てる気がします。

なんか「回してあげてる」という感じでしょうか?

また、試合前に必ずラケットを回すということで同じリズムで試合を開始できるはずです。

ちなみに、私は必ずこれを実践するようにして勝率が消費税くらいは上がった気がします。

 

裏技その3

試合を楽しみましょう

試合に勝ちたいという思いが強いとそれはプレッシャーという形で自分に返ってきます。

そのプレッシャーが自分のプレーを小さいものにします。

勝ちにこだわるのはいいですが、プレッシャーに負けないようにしましょう。

具体的には、「プレッシャーがかかっている自分を客観的に見て楽しむ」ことです。

つまり、「オレ、こんなに緊張している。面白れ〜!!」と思うことです。

そうすると、不思議とリラックスできると思います。是非試してください。

 

裏技その4

シングルスで困ったときには、相手のバックを狙え 

試合で迷いは禁物です。

とりあえず困ったときにどこに打つか最初から決めておくと悩まずにそこを狙っていけばよくなります。

ただし、相手にチャンスボールを与えてしまうわけにはいきません。

そこで、困ったときには相手のバック側を狙います。

上手な人でもバックを強打するのはなかなか難しいものです。

また、決められたときは相手が上手かったと思うこともできます^^;

 

裏技その5

ダブルスでは前衛がチョコマカ動き回れ!! 

ダブルスは、基本的に守る人と決める人の役割分担があります。

前衛は、ボールを打って決めることが仕事になりますが、実はそれだけではありません。

相手にプレッシャーを与えてミスを誘うことも立派な仕事になるのです。

前衛がポーチに出てくるのをみてストレートを狙ったけどネットやアウトにあってしまうことは経験があるでしょう。

相手が打つ瞬間にいろいろ考えてしまう状況を作ってあげることがとても重要になります。

難しく感じるかもしれませんが、要は、前衛は自分が打っていないときも常にチョコマカ動き続ければいいのです。

動き方は、たとえばポーチに出るふりをしたり、逆にストレート側に体を傾けたり、フェイントを入れます。

また、相手がチャンスボールを打つときにわざと片側を大きく開けてそこを意識させるのもプレッシャーを与えられます。

実は、このことは自分がリターンのときにも同じことができます。

例えば、相手がサーブを打つときに大きくフォア側をいったん開けます。

相手は、その開いたところを無理に狙ってフォルトをしたり、逆にバック側にもっと厳しく打とうとしてフォルトをしたりします。

(もちろん開いたところにエースを食らうこともありますが・・・)

それを発展して一度フォア側を開けといてトスがあがった瞬間に元の位置に戻るとか、セカンドサーブのときにサービスラインぐらいで構えて叩くジェスチャーをするとかなり有効です。

ここで、一言注意!!相手を挑発するような態度は決してとらないように!マナー違反になります。

具体的には、リターンの際に前衛の人が邪魔をするようなそぶりをすることなどです。これは、プレッシャーをかけるのではなく見苦しいだけになってしまいますので(」゜ロ゜)」

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved