テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

1.ふくらはぎの肉離れとは

正式名称は、下腿三頭筋内側頭挫傷と言われ、別名テニスレッグとも呼ばれます。テニスレッグと呼ばれるくらいテニスで頻繁に起こる怪我の1つです。収縮している筋肉が急激に引き伸ばされた際に発生し、受傷時にふくらはぎに打撃感を感じることが知られています。たいていは内側の筋肉が損傷されます。アキレス腱が切れてしまうと手術も必要になってしまいます。

2.原因

サービスダッシュなどで急激に地面を蹴ったり、無理な姿勢でポーチボレーに出たり急激な筋肉の伸び縮みにより肉離れを起こします。特に中高年に多いようです。しばらくテニスをやらなかった人が昔のように動こうとして肉離れを起こすことがよくあります。

3.治療法

治療法としては、RICE処置{Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとってそう呼びます}によって、はれや炎症・内出血・金繊維の損傷を抑えます。冷やしたら温めで血行を良くしましょう。アキレス腱が切れると手術が必要になります。復活までに相当の時間と労力が必要になってしまうでしょう。

4.予防法

いきなりテニスをしない!とにかくストレッチが大切です。入念なストレッチで筋肉の柔軟性をつけましょう。あと、久しぶりにテニスをやる場合、決して昔を思い出さずに冷静に、そして自分の現状を考えながらプレーしましょう^^;

 


Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved