テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

1.熱中症とは

熱中症とは、一般的には温度の高い場所で起きる体に対する障害を総称して呼んでいる症状のことです。

色々な症状によって病名が異なってきます。体温が変わらないのが日射病・熱けいれん。体温上昇があるのが、熱疲労・熱射病などとさまざまです。

最近では、分類の仕方が変わってきたようで、症状の軽い順に (1) 熱けいれん・熱失神、 (2) 熱疲労、(3) 熱射病 という分類になっているようです。

ここでは、解説および予防法を載せていきます。

2.熱中症はなぜ起こるのか?

では、実際に熱中症とはなぜ起こるのでしょうか?その起こる仕組みを説明します。どういう状況がなりやすいかというと、まず気温が体温よりも高い状況で、湿度が高いという環境が起こりやすくなります。

この環境では、体で発生した熱を逃がす場所がなくなります。たとえば、冬場だと、体温が上昇しても外の気温が低く熱が体から放出されます。さらに乾燥しているので、汗をかき、その汗が気化するときに熱を奪ってくれます。夏場のじめじめした環境では上昇した体温が逃げ場を失って体温がぐんぐん上がるということになります。

3.熱けいれん・熱失神

熱けいれんは、暑いときに運動などをしているときに起こりやすくなります。痛みを伴った筋肉のけいれんです。脚や腹部の筋肉に発生しやすくなります。体の中の塩分が不足するとなりやすく、水分を補給しなかったり、補給しても水分だけで、塩分が足りないときにおこります。

熱失神は、めまいがしたり失神したりする症状のことです。ただし、体温は上昇しません。これは、高温や直射日光により血管が膨張して一時的に血圧が下がった時に起こる一種の貧血状態といえます。

4.熱疲労

汗をたくさんかいて、体温も高くなっているようなら要注意!熱疲労かもしれません。めまいや吐き気・頭痛などの症状を訴える人もいます。これは、体内の塩分や水分が足りなくなる脱水状態になっています。熱射病の前段階ともいって、放っておくと命にかかわってきます。

5.熱射病

汗をかかなくなったらとても危険です。熱射病の症状は、汗をかかずに皮膚は赤くなります。体温も非常に高く39度を越すこともあります。頭痛や吐き気だけでなく、全身が痙攣したり、意識障害・錯乱などを起こすこともあります。熱疲労がひどくなるとこの熱射病になり、このままでは最悪命を落とすことになりますので早急に救急車などを手配する必要があるでしょう。

6.対策・予防

熱中症になった場合、しっかりと水分補給と休養そして、体をひやすなどの対処が必要です。アイスノンなどでわきの下や首の後ろなどをひやすと多少の効果があるようです。また、スポーツドリンクは糖分が多いなどの欠点もあるので、注意が必要です。薄めるとか野菜スープを飲むとかいろいろ工夫してみましょう。そして、一番大切なのは自己判断ではなくすぐに病院に行って診断してもらうことかもしれません。医学の知識がないのに甘い考えで大丈夫と判断し、命を落としてしまっては取り返しがつきません。大事に至る前にしっかりと診察してもらいましょう。

予防策としては、水分を常に摂取すること。ただし水分だけですと、体の塩分が足りなくなるので上手に塩分も取るようにしましょう。熱中症は夏場だけの病気ではありません。たとえば冬場でも暖房を利かせた室内などでも起こります。十分に注意してください。

 

 


Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved