この講座で勉強すれば、初心者でも簡単にツイストサーブを打つことができるようになります。

5日で打てる!ツイストサーブ養成講座


初心者・簡単ツイストサーブ講座ですよ!

1.ツイストサーブとは?


ツイストサーブとはどんなサーブでしょうか。1つずつイメージを膨らませていきましょう。

(2) ツイストサーブの弾み方

どんな回転を与えるとそのように右に大きく弾むのか。ここでは、その回転のイメージを頭に焼き付けます。テニスは、すべてイメージが大切です。頭の中で自分がプレーしている姿を描くことができなければ、実際にそのショットを打つことはできません。まずは、実際にボールが右に大きくキックする回転のイメージを知りましょう。右に大きくキックとは、2つの要素に分けることができます。@ 右にキックする。A 大きく弾む。ということですね。それぞれに必要な回転の方向が違いますので、そのイメージを頭に叩き込んでください。実際にボールを用意して、同じような回転をボールに与えてイメージを強く持つと良いでしょう。

ツイストサーブ


@ 右にキックする

これに必要な回転の要素は、ねじれ回転です。言葉で聞くと難しそうですが、そんなことはありません。 頭にこの回転をイメージしてみてください。例えば、ヨーヨーを地面に置いた場合、どういうことになるでしょうか。回転のかかっている方向に転がりますよね。この回転があれば、右にキックします。

後ろから見た図

後ろから見たツイストサーブのねじれ回転の図

この回転がかかっていたら、後ろから見てこのような弾み方をします。

ねじれの回転でツイストサーブはl右にキックします

この回転が、バウンド後の右へのキックを生み出します。

ツイスト

 A 大きく弾む

これに必要な回転の要素は、縦回転です。野球で言うところのカーブを頭に思い描いてください。カーブは、縦回転が強くかかっており、バッター手前で急激に縦に落ちます。テニスでも、バウンドする直前に縦に落下していれば、地面にあたってから当然高く弾みます。つまり、地面に当たる直前に地面と垂直になっていれば、弾み方も垂直に近づくということですね。

ツイストサーブ横から見ると

スライスやフラットなどは地面に浅い角度で当たるので下のような弾み方になります。

スライスサーブを横から見た図

この@・Aの回転を併せることで、ツイストサーブが誕生します。はい、難しくて無理だと思った方。大丈夫です。これから簡単に打てるように特訓していきましょう。

ツイスト

5日間でツイストサーブを完全マスター


ツイストサーブとは・・・
ツイストサーブの弾み方
スピンサーブ(縦回転)1
スピンサーブ(縦回転)2
ねじれ回転のかけ方
ボールのどこをとらえる?
椅子に座った練習法
正しい打点とは?
正しく打てるかチェック

その他

おすすめのテニスサイト
相互リンク
おこづかい



HOME