テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1.フェイント

図1 フェイント

図2.ストレートロブを使おう

図2 ストレートロブ

ここでは、ダブルスの試合をやるにあたって知っておくと、ちょっと得するような情報をお知らせしていきます。

今まで、ダブルスのポジションやフォーメーションを勉強してきました。ここで、もう少し上達していきましょう。前衛は、打てるボールが来たら打ちにいくのではなくて、自分で打ちに行くボールを生み出すのです。

一番のオススメはフェイントです。これは、相手の後衛が前衛を気にするという特性をうまく使っています。想像してみてください。Cがストロークで返球する前にBがセンターに寄っていったらCはどこに打つでしょうか?当然ストレートに打ちますよね。だって、クロスに打ったらBに決められるし、ストレートに打てば、誰もそのボールを打ち返せないわけですから。

だから、BはCが打つときに、真ん中に行くぞ!と見せかけてその場に残ります。具体的には、肩(上体)を右に一回振って右に出て行くようなフリをして、その場に残るのです。これをやるだけで、相手は思わずストレートに打ちたくなるのです。ストレートにきたら、あとはそれを落ち着いてセンター(もしくはDの足元)に決めればよいのです。

一度これをやると、今度は行くフリをして、本当に行ったり、逆にストレートをケアしているフリをして、真ん中に出て行ったりすることができ、攻撃の幅が広がります。さらには、相手が混乱したり、変なところを狙ってミスをすることもあります。

こんなの卑怯だ!といわれる方もいるかもしれませんが、テニスの試合においてもフェイントは立派な戦術です。サッカーのドリブルでもまっすぐ突進していかないですよね。相手の裏をかくようなフェイントを入れて突破していきます。ただし、フェイントと称してマナー違反をしてはいけません。例えば、相手が打つ瞬間に邪魔をするように両手を振り回したり、地面をドンドンと踏んで、音をたてたりするのは、絶対にいけません。それは、フェイントではありません。

ロブを守りのショットと考えている人は多いですよね。実際、窮地に追い込まれたときなどにロブを打つ機会は多いと思います。ダブルスにおいて、ロブには様々な効果が期待できます。

1つ目として、相手の陣形を崩すことができます。ストレートにロブをあげて、相手の前衛が取れない場合、相手はサイドチェンジを行わなければなりません。つまり、相手の陣形が崩れるということです。陣形が崩れるということは、それだけこちらにチャンスが回ってくるということですよね。ラリーの中で、1本ストレートロブを入れるだけでペースが変わってきますよ。

2つ目として、われわれ素人は、スマッシュがあまり得意ではないということを利用して、ミスを誘うということがいえます。あなたが逆の立場で、スマッシュを打ったとします。当然チャンスボールなわけですから決めて当たり前ですね。でも、それをミスしたら相当ショックだと思います。相手も同じ気持ちです。相手の前衛がぎりぎり取れるくらいにロブをあげてみましょう。決められたら相手がうまかったと考えるくらいの余裕を持ってください。

シングルスとダブルスの違いは1人でやるのか2人でやるのかの違いです。ダブルスは足し算ではありません。1+1=2人なのか、それとも1+1=5人になるのかは、そのペアと息があっているかにもかかわります。とにかくお互いによく声をかけ、励ましあいましょう。パートナーがミスをしても、責めてはいけません。次のプレーで頑張ればいいのです。良い雰囲気でプレーをすれば、それだけで積極的になり、結果も良くなるはずです。

 

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved