テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1.サイドに相手を振ると・・・
角度をつけられてしまう!

図1 ダブルスのセオリー

図2.センターなら・・・
角度をつけられない!

図2 センターセオリー

図3.サイドに短くなったら・・・

図3 守備範囲

図4.どっちが有利に?

図4 どっちが有利?

ダブルスの基本中の基本となるセオリーです。簡単に言うと、真ん中に打っていれば、何とかなるってことです。え?違う?

こういうと、とても誤解されてしまうかもしれませんので、しっかりと説明をしていきます。

ダブルスは2対2の試合のため、1人がカバーする範囲は狭いのはお分かりでしょう。そのため、角度をつけてコースを散らしてもなかなか決めることはできません。それどころか、サイドに行ったボールを相手は、逆に角度をつけて返球できることになるのです。(図1参照)そうすると広い範囲を予測して動かなくてはならなくなります。

反対に真ん中に行ったボールというのは、相手にとっては角度をつけて返球しにくいのです。そのため、自然と返球されるコースも読みやすくなり、守らなくてはならない範囲も狭くなります。さらには、ポーチボレーなどの攻撃をしやすくなるというわけです。図2を見ていただければわかるように、センターからだとBは、ほとんどのショットに手を出せる位置にいますよね。

また、真ん中に来たボールはお見合いをしやすいというのもあります。つまり、譲り合ってミスショットをするということですね。

これは、センターセオリーにも大きくかかわってきますが、前衛の動きは前後だけではないということです。図1と図2を見比べてください。図2のほうがBはセンター(右側)にいませんか?

これは、センターに行ったボールのほうが、角度をつけられないためだということは、お分かりいただけると思います。前衛の左右のポジションというのは、相手が自分のコートに打てる左右の範囲のちょうど真ん中(正確に言うと右にはパートナーがいるので、真ん中よりやや左)に位置するのが一番よいのです。

例えば、図3のような状況になるとBの位置はおのずといつもよりも左になるのです。相手が打てる範囲に三角形をつくりその中心よりやや左にいつも自分が来るようにしましょう。どうですか?ココにボールが行くと、Aはアングルを警戒してサイドによらなければならなくなり、AとBが離れてしまいますよね。だから、1のセンターセオリーの話が生きてくるわけです。相手は、この2人の間の広がったセンターを狙いやすくなってしまいます。

ダブルスではシングルスよりもボレーの重要性が高くなります。なぜなら、決め役は基本的にボレーヤーだからです。自分がボレーを打つときは、とにかく深く打つことを心がけましょう。できれば、角度をあまりつけずにセンターよりに深く打てれば最高ですね。浅いボールというのは、相手にとっては待って打てるため(しっかりとラケットを引いてためができる)コースを読みにくく、角度をつけやすくなってしまいます。しかし、ボールが深ければ、相手は角度をつけにくくなり、結果浮いたチャンスボールが増えることになります。(図4参照)ちなみに、ここでいうボレーとはいわゆるチャンスボールでのボレーではなく、ファーストボレーと呼ばれる平行陣の後衛が打つつなぎのショットを指しています。

逆に相手が前に来てボレーをしようとしていたら、迷わず相手の足元にボールを沈ませてください。ローボレーを打たせます。ローボレーになると難易度は急激に上がります。結果、ボレーの球が浮く可能性が強まります。しっかりと回転をかけて、ネットより低い位置でボールを打たせるように、常に心がけましょう。

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved