テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1 役割分担(縦割り社会)

図2 平行陣 役割分担

図2.ポジションチェンジ

図2 ポジションチェンジ

  

「ポイントのとり方」にもあるように、平行陣はボレーがしっかりと打てさえすれば、非常に強い陣形であるといえます。なぜならば、2人ともに攻撃に参加できるからです。言い換えると、この陣形を崩さないように戦ってあげればよいということになります。

そのためには、ポジションチェンジなどで陣形が崩れないようにする工夫が必要なのです。それが、役割分担(縦割り社会)です。

図1のように、基本的にAは右側を、Bは左側、つまりコート半分を責任を持って担当します。Cが黄色のゾーンに打ってきたらBが、青のゾーンに打ってきたらAが返球するのです。そして、打ったらすぐに陣形が崩れないように元に戻ります。

ストレートロブも、極力その担当の人がとれば、陣形を崩さずプレーできると思います。

ポジションはできるだけ変えないようにするのがいいのですが、どうしても変えなければならないときは、すばやくチェンジして担当するゾーンを入れ替えましょう。そうすれば、そこからまた、ラリーを展開していけるはずです。ポジションを入れ替えるときの注意点は、ボールを返球するコースです。相手の前衛のいない方向に深く返球し、そして最高のポジションへとすばやく移動してください。

これまでは。相手側が雁行陣のときで話をしていました。しかし、相手も平行陣の場合も十分に考えられます。そういった場合、どのようにプレーをしていけばよいのかを説明いたします。

相手も平行陣のときも基本的なポジショニングは同じです。斜め側が少し後ろに立ちます。ただし、距離が近い分、展開が速くなります。ボールを浮かすと決められてしまうので、なるべく相手にローボレーを打たせましょう。そして、積極的に浮き球を決めていきましょう。

時々ロブボレーなどを混ぜても効果的ですね。相手の陣形が一気に崩れる可能性がありますよ。

平行陣について その1に戻る・・・

 

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved