テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1 平行陣のポジション

図1 平行陣

図2 AとBが逆だと・・・

図2 平行陣 AとBが逆だと

図3 ポイントのとり方

図1 平行陣

 

 

テニスのダブルスには大きく分けて2つの陣形があります。1つが、1人が前衛・1人が後衛という形の雁行陣。もう1つが、2人が横に平行に並んで戦う平行陣という陣形です。ここでは、より攻撃的な陣形(形によっては超守備的になりますが・・・。)である平行陣について解説していきます。

平行陣とは、ペアが横に1列に並んでネットと平行なポジションを取ることからそう呼ばれています。

一般的には、2人ともネットのそば、つまり2人とも前に上がった状態でプレーします。今回は、この2人とも前に上がった状態についてのポジショニングを解説します。

また、平行に並んででいれば平行陣と呼びますので、2人ともベースラインまで下がってプレーする状態のことも平行陣と呼びます。ここでは、区別するためにその状態を後ろ平行陣と呼ぶことにします。(2バックなどといわれることもあります。)

まず、図1のような陣形を組みます。あれ?平行陣なのに平行ではありませんね。そうなのです。ココがよく誤解されるところなのですが、平行陣を組んでいても基本的には雁行陣と同じように、ボールに近い側の人(ストレート)が若干前、遠いほう(クロス)が若干後ろになるのです。大体、前はネットとサービスラインの真ん中で、後ろがサービスラインの1歩前の位置になりましょう。

なぜ、そうしなければならないのでしょうか?それは、逆のポジションになったときを考えていただければわかると思います。図2のように、逆になると、センターががら空きになることがわかると思います。

また、2人とも前に平行に立ってしまったらどうでしょう?一見隙がなさそうですが、実は、ロブに弱くなってしまいます。1人が後ろにいることで、ストレートのロブをカットすることが出来るようになるのです。ですから、図1のような陣形を保つように心がけてください。

そして、もう1つ大切なことがあります。それは、Bの動きです。雁行陣の場合、Bには前後の動きが必要でした。

平行陣では、はじめからネットとサービスラインの中間にいますので、前後の動きは必要ないのです。AとBはその場で、どっしりと構えていればよいわけです。(ただし、左右の動きは必要ですが・・・。ココでは省略します。)

図3のように、その位置をキープして、AはなるべくCの打ちにくいように(深いボールを打つとか)して、浮いたボールをAでもBでも決めやすい位置の人が詰めていって決めるという簡単な作業になります。

 

平行陣について その2に続く・・・

 

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved