テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1.ストレートにボールが来たら

図1 雁行陣 ストレートアタック

 

図2.ストレートにロブが来た

図2 雁行陣 ロブの処理

図3.その後の展開・・・

図3 雁行陣 ストレートロブからの展開

今、基本的にクロスラリーの話をしてきました。でも、テニスの試合はそんな風にパターンどおりに行くとは限りません。ストレートにボールが飛んできた時にはどう対処していくのでしょうか。

まず、ストレートにボールが飛んできたらどう対処をすればよいかを説明していきます。

図1のように、基本的に前衛が処理します。ストレートのボールにすばやく反応し、ほんの少しだけ左によってボレーで返球します。

このとき、コートの中央ががら空きなのでそこを狙えば確実にポイントが取れます。ストレートに打ってくるときは、たいてい速い球が多くなります。ラケットの面をしっかりと作って、コースだけを落ち着いて狙えば大丈夫です。

次にストレートにロブが来た場合の処理について説明します。これも、基本は前衛が処理します。

「あれ?うそだよ。」とお思いの方も多いかもしれません。ロブが来たら、後衛が取りに行くのが基本だという人も多いでしょう。

しかし、本来ロブがきたら、前衛がスマッシュで決めてしまえばよいのです。そのために、ネットにベタ詰めしていないのですから。

上がったボールは落ち着いてスマッシュで返しましょう。狙いは、Dが下がっていなければ当然そこ!

図2のように普通Dは下がってスマッシュに対応しようとするはずなので、センターを狙ってバシッと打ち込みましょう。スマッシュが打てないくらいの高さ、深さならCに返球してすぐに雁行陣のポジションを取ればよいと思います。

そうは言っても、スマッシュって結構難しいショットなんですよね・・・。

ということで、ストレートに上がったボールを後衛の人にお願いする人はとても多いことでしょう。そこで、前衛がロブを取れなかったときのその後の展開の仕方を説明します。

前衛が取れないときは「ポジションチェンジ」というものを行います。

図3を見てください。Bは取れないとわかった瞬間に「チェンジ!」とか「お願い!」と叫びます。そして、反対側のサービスラインまで斜めに下がります。

Aは、ロブに追いついてストレートに返球します。クロスに返すと、Dに決められてしまいますので。そこから、AとCでストレートのラリーになります。

当然BとDは前後の動きをボールにあわせて行います。BとDのポジションは若干センターよりでもかまいません。なぜなら、例えばCがBの右側をクロスに抜こうとするとショートクロスに打たなければならなく、それはとても技術的に難しいからです。

ということで、雁行陣の基本的な動きに関してはこのような感じになりました。これらの動きをマスターするための練習メニューについては、テニス上達に効果的な練習メニューをご覧ください。

4.相手が平行陣だったら・・・

相手が平行陣だったら、ボールの展開が速くなります。(距離が短いので。)また、ボールが浮いてしまったら、すぐに決められてしまうので、なるべく相手の足元を狙って返球しましょう。あわてては、相手の思う壺ですので、冷静に足元に沈めて、浮いたチャンスボールをしっかりと前衛が決めていきます。

雁行陣について その1に戻る・・・

 

 

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved