テニスうまくなりたい! | ツイストサーブ・ボレーを動画・画像で解説 ダブルス・練習メニュー

メニュー一覧

 

ダブルス上達マニュアル!
〜楽しくダブルスマスター〜

図1.前衛の動き

図1 雁行陣

図2.コースが甘いと・・・

図2 雁行陣

図3.攻守交替

図3 雁行陣

テニスのダブルスには大きく分けて2つの陣形があります。1つが、1人が前衛・1人が後衛という形の雁行陣。もう1つが、2人が横に平行に並んで戦う平行陣という陣形です。ここでは、もっともオーソドックスな陣形である雁行陣について解説していきます。

雁行陣は、役割分担があります。前衛側は基本的に攻撃役。チャンスを見つけて相手に攻撃していきます。

後衛側は基本的に防御。後ろからストロークで相手を揺さぶり、チャンスボールを生み出します。

もちろんこれはあくまで基本であって、前衛が守る機会もあるし、後衛が勝負を仕掛ける場面ももちろんあります。(ストレートアタックなど)雁行陣での動き方をマスターしていきましょう。

最初は、前衛の前後の動きから説明します。(左右の動きは省略)

まず、図1をみてください。雁行陣の基本的な動きですが、まず相手の後衛側にボールがあるときの陣形はこのようになっています。

Bがサービスラインとネットのちょうど中間の位置にいます。逆にDは、サービスラインの1歩前に位置します。

なぜそういうポジションになるのか?

まず、Bは甘くなったボールを決めにいくという役割があります。Cのコースが甘ければ(センターよりに行ってしまったら)Bはそこからさらに斜め前に詰めてDの足元を狙ってボレーを決めていきます。(図2参照)

Bがもし、サービスラインくらいに下がっていたら、チャンスボールがきても詰めて決めることは出来ませんね。

また、ネットにベタ詰めしていたら、決めることは出来ても、ロブでガンガン頭の上を抜かれてしまいます。逆にDがネット付近に詰めていたら、コートの右側ががら空きになって、簡単に決められてしまいますよね。ですから、Bが前、Dが後ろの関係になるわけです。

Cは、Bにとられないようにクロスに返球をします。図3のようにBはそのボールが取れないとわかった瞬間にサービスラインまで、後ろに下がります。

なぜなら、今度はDがボレーを決めるチャンスだからです。DはBが取れないことがわかったら、自分がネットとサービスラインの中間まで、前に詰めます。当然、Aの返球が甘かったときにBの足元にボレーを決めるためですね。

あとはこの繰り返しです。Aの返球がDに引っかからなかった場合、Bはまた前にDは後ろに移動。Cが返球したらBが後ろDが前。

ちょっと頭が混乱しそうですね。簡単に言うと、「前衛はボールが見えたら前、見えなくなったら後ろ」と覚えておきましょう。

今、基本的にクロスラリーの話をしてきました。でも、テニスの試合はそんな風にパターンどおりに行くとは限りません。ストレートにボールが飛んできた時にはどう対処していくのでしょうか。

雁行陣について その2に続く・・・

 

 

Copyright © 2002 テニスうまくなりたい!−テニス上達への道− All rights reserved